外資系ふっくい

【経歴】 大阪大学➡シアトル留学➡外資系IT入社➡大阪配属➡本社配属 【ブログ】 2021年6月開始 【人生の目標】 シアトル本社へ&起業して面白いことをしたい!

日記

外資系新卒、M-1に出てみた~素人が1か月で漫才のネタを作る方法~

どーも~、外資系ふっくいです~。今日も頑張ってブログを書いていきたいと思うんですが、今日は日常シリーズで「M-1グランプリに出場してみた」というテーマになります。M-1に出ようと思ったきっかけから、実際出てみて感じたことまでをざっくり書いていきたいと思います。

M-1グランプリは言わずも知れた1年に一回、漫才の王者を決める大会です。去年はマジカルラブリーさんが優勝されました。去年の決勝は見る側だったので、まさか今年は出る側になるとは思ってもいませんでした。(ボケです、ツッコんでください)

実は、素人もエントリーと参加費2000円を払うと誰でも参加できちゃうんです。ナイスアマチュア賞っていうその日のアマチュアのコンビで一番印象に残ったコンビはTシャツをもらえたり、アマチュアでも2回戦に通過してるコンビもいたり、意外と最初の敷居は低い大会でした。

詳しい内容はM-1グランプリ2021の公式HPをご覧ください☟

 

 

 

 

 

 

 

 

M-1に申し込むまで

申し込もうとおもったきっかけ

出ようと思ったのは、めちゃくちゃ突発的で、広告かなんかで観たからでした。でも、いつもだったらスルーしてたと思うんですが、その日は「夢を叶えるゾウ4」を読んでテンションが上がっていたので「やりたいことはやらなきゃ!」と感じて申し込もうって決意しました。

相方探し

そっから、まずは相方探しでした。M-1は漫才で2人以上での参加が必須なので、1人じゃ出場はできません。そこで相方だれにしようか、、とまず考えました。

会社の人達には内緒にしておきたいし、社会人だと時間が合わせるの難しいな~どこかに暇な人いないかなって考えながらLineの友達をあさっているとすぐに高校からの付き合いで、まだ大学院生をしてる友達が思いつきました。

急に「M-1出ん?」ってLineしたけど、特に嫌がることもなく普通にOKしてもらいました。さすが8年目の付き合い、さすが暇な大学院生
ふっくい

8/31が締め切りで、8/29に申込用紙を書きました。なので、8/29がコンビ結成日になります、ちなみに相方と浜辺美波の誕生日でした。浜辺美波の誕生日インスタライブを見ながら、どんなネタにするかとコンビ名を考えました。

コンビ名

申込みの時に必要だったので、まず最初に考えたのはコンビ名でした。お互いの共通点や、売れてるコンビの名前の由来とかを調べたりしましたが、最終的に金杏」という名前にしました。

名前の由来としては、銀杏が僕と相方が行ってた大阪大学の校章?でもあり、大学構内にもいっぱい植えられていたので最初に出てきて、銀じゃなくて1番の金にしようってなって「金杏(きんなん)」という名前にしました。食べ物の名前で、「ん」も2つあるので、売れるコンビ名の法則も満たしてる!ってなったので、あまり揉めずにこのコンビ名になりました。

申込後

ネタ作り

コンビ名も決まって無事に申込が終了すると、実際にネタ作りが始まりました。ネタ作りは自分がだいたいの形を作って、それを相方に送って修正していくという方針でいきました。素人が1回戦を突破するために「自分達の強みを活かそう」と考えて、色々と特徴を考えました。

[st-kaiwa1r ]大阪大学、社会人と学生、院生、同級生、外資系、素人などたくさん考えて、最終的に素人をテーマに考えました。[/st-kaiwa1]

単発のボケは何個か出来ていたので、あとはそれを会話としてストーリーにする部分が難しかったです。色んなYouTubeの動画を観てネタのストーリーの作り方を勉強しました。

このノンスタイル石田さんが、子供たちに漫才について解説してくれる動画はめちゃくちゃ分かりやすいです。素人の方でもネタの作り方の基本が学べます。

最終的に僕らは、素人がM-1グランプリについて色々間違えてたってネタを作りました。
ふっくい

ネタ合わせ

ネタ作りが終ったら、もう8~9割以上は完成と思っていましたが、一番時間がかかったのが「ネタ合わせ」でした。プレゼンとかは得意だから大丈夫だろ~って考えて、一回ネタ合わせをしてみたら全然うまく喋れない、、相手との間合いやボケとツッコミのタイミングなどめちゃくちゃ難しかったです。

芸人さんってすげぇぇぇって何回も感じました。
ふっくい

相方とネタ合わせの日にちを合わせるのも結構苦労して、結局4回くらいしか会って合わせることが出来ませんでした。前日の夜に河川敷で2時間くらい合わせてようやく人前でも見せられるレベルのものが出来たと思います。

1回戦当日

1回戦当日も、相方の車で予定時間より少し早くに行って打ち合わせを行いました。ボケとツッコミのテンポや、今までにミスしがちだったところを社内で再確認して会場に向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

会場に行ったら緊張でめちゃくちゃのどが渇きました、10分前に集合だったんですがめちゃくちゃ待ち時間が長く感じました。

舞台裏で他のコンビの方々は練習してたんですが、僕らは喉がカラカラだったのでやらないでおこうと話ました。
ふっくい

本番は一瞬で、しっかりとした記憶が残っていません。どっかのタイミングで笑いが生まれて良かったと思ったのと、手の組み方間違えたってのしか覚えていませんでした。

終わってから相方とは、ミスもあったけど笑いも生まれてたし、初めての漫才の舞台としては合格ちゃう?って話をして、ワンチャン1回戦通過してるかも?くらいの淡い期待を抱いていました。

本番終了!

本番が終了して、相方とは用事があったので別々で帰宅して、18時からのインスタライブでの結果発表を待ちました。そして18時になり、、

 

 

 

 

結果は落選でした、、狙ってたナイスアマチュア賞も取ることが出来ず、漫才の壁の高さを知ることになりました。ちなみに自分の日のナイスアマチュア賞は小学3年生の4人組でした、、
後日YouTubeで観てみるとしっかりネタも作られてて、会場もめちゃウケていました、惨敗でした、、

まだまだ練習が足りなかったし、ネタももっと練って戦いたいと思いました!
ふっくい

M-1に出てみて

結果的には惨敗に終わりましたが、人生のうちで叶えておきたい目標の1つである「M-1に出る」を達成できたのと、漫才について勉強することで、1つの話をストーリーとして伝えることや、話し方など色々なことを学ぶことが出来ました。

今回の相方は、来年は就職して東京勤務になると思うので「金杏」として次回は出るかは分かりませんが、また挑戦したいと思います。ちょっと興味あるなって方は是非出場していてください!

年末のM-1決勝は同じ出場者としての目線でTVをみたいと思います
ふっくい

Google adsense

  • この記事を書いた人

外資系ふっくい

【経歴】 大阪大学➡シアトル留学➡外資系IT入社➡大阪配属➡本社配属 【ブログ】 2021年6月開始 【人生の目標】 シアトル本社へ&起業して面白いことをしたい!

-日記

© 2022 外資系ふっくい Powered by AFFINGER5